春の桜

皆様こんにちは。

環境技研の山﨑です!

季節はすっかり春本番ですね!

日本の春と言えば桜ですね!今日はその桜のお話しをさせて頂きます。

 

日本の桜と言えば「ソメイヨシノ」

ソメイヨシノは、江戸末期~明治初期頃から栽培されているそうです。

江戸時代に染井村の造園師や植木職人がオオシマサクラとエドヒガンを

交配させてできたといわれ、日本でも有名な品種の一つになったそうです。

現在、日本で栽培されているソメイヨシノの全ては、

クローン「挿し木や接ぎ木などでの繁殖」によって増やされたため、

気温の違う地域でも一斉に開花し、葉が出る前に5枚の花びらが

咲くことが特徴なんだそうです。

私は、春の花で思い付く花は桜です。今はコロナウイルスでどこにも

行けない日が続きますが、桜から元気をもらいたいと思います!

㈱環境技研    山﨑勝美

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。