ニンニク の植え付けから収穫まで‼

 

雨後の緑が目に鮮やかな季節になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、昨年の10月上旬に植え付けしたニンニクが収穫をむかえましたので、

ニンニクの植え付けから収穫までを紹介していきたいと思います。

ニンニクは1年で1度しか収穫出来ず、しかも収穫まで8ヵ月もかかる、

とても手間のかかる野菜です。

植え付ける際は、出来るだけ大きい粒を選んで

植える方向は、芽の出る部分を上にして植えていきます。

天気がよいと1~2週間で芽が出てきます。

そして、葉っぱの成長が終わり、これからにんにくの肥大時期です。

花芽が出てきたら養分がそちらに吸い取られてしまうので取り除きます。

葉先が黄色く枯れてきたらいよいよ収穫です。

ニンニクは晴天が続いたあとに収穫します。

理想としては晴天の日が2日から3日続いた後の収穫がよいです。

こんなに立派なニンニクが取れました

土つきのまま乾燥させると多少日持ちがよくなります。

最後に葉茎と根を切り取り、日陰の涼しい所で乾燥させていきます。

ニンニクは、そのままバーベキューの網焼きが最高の贅沢ですね!

今年の夏もニンニクパワーで乗り切りましょう

㈱環境技研 坂田

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。