父の日 

こんにちは!今回のテーマは「父の日」です。

待ちに待った?父の日、今年は6月16日(日)ですが、

父の日の由来を少し調べてみました。

「父の日」はアメリカで生まれました。

1909年、ワシントン州のソナラ・ドッドという女性は教会で

「母の日」の説教を聞いていて、「父の日」もあるべきだと考えました。

母親の亡き後、ソナラと5人の兄を男手一つで育ててくれた

父親を敬愛していたからです。

父親が6月生まれだったため、ソナラは自分が通う教会の牧師に頼み、6月に「父の日」

を祝う礼拝をしてもらいました。それは1909年6月19日で、第3日曜日でした。

これがもとで、ワシントン州では6月の第3日曜日が「父の日」となったのです。

なるほど「父の日」にはこんな想いが込められていたのですね。

ちなみに母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ

これは前述のソナラ・ドッド夫人が父の日に父親の墓前に白いバラを供えたから

とされているそうです。お父さまはさぞ嬉しかったでしょうね!

家族一人一人にとっての父の日。皆さんはどうですか?

私はお仏壇にラガービールでもお供えしようかと思っています。

「父の日」のご紹介でした。

㈱環境技研 松原和男

 

 

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。