熱中症対策について

そろそろ梅雨入りも近いようですがいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回はもうすぐ夏本番ということで熱中症対策についてご紹介します!

まずは熱中症とは何かについてご紹介します!

熱中症とは...長時間暑い場所にいると体温が上がり、

体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、

体温の調節機能が上手く働かなくなることです。

夏は屋外で仕事をされる方や、屋外に遊びに行かれる方が多いと思います。

 

 

熱中症にならないために、こまめに水分・塩分補給したり

涼しい場所で休憩するようにしましょう。

また、お茶やビールは水分補給にはなりません。

水分・塩分補給に良いとされるものが、経口補水液、ポカリスエット

はちみつが入ったドリンク、塩飴 等です。

 

屋外だけが、熱中症になると思いがちですが

意外と屋外よりも屋内の方が熱中症になる人が多いそうです!

2018年4月~8月の間に熱中症で緊急搬送された方は、7万1千人にもなります。

熱中症にならないためにも、水分をこまめに摂る、日陰等の涼しい場所に行く

クーラーを使用したり、風がある日は窓を開けるなどの対策をしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も暑いことが予想されますが、ぜひ紹介した対策を

活用して頂き咲顔で夏を過ごしましょう!

㈱環境技研 金井

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。